TOTTEOKI PROJECT

「日本らしい」魅力ある商材やサービスを取扱う
中小企業等が連携した事業に対し、
海外消費者の感性やニーズ等に詳しい専門家
(プロデューサー・アドバイザー等)と連携し
地域ブランディングやインバウンドを
中心とした海外需要の獲得を目指し、
マーケティングからプロモーションなどを
総合的に支援します。

※公募の受付は終了いたしました

事業の目的

本事業は、我が国の技術や生活文化の特色を生かした魅力ある
商材やサービス(中小企業が提供するものを含む)を複数取扱う事業者が、
海外のライフスタイルやニーズ等に詳しい外国人専門家と連携して、
将来に向けたインバウンド対策や、商材・サービスの磨き上げ、PR・プロモーション、
展示及び販売、商流構築等の取組みを行う事業に係る経費に対して、
事務局がその費用負担を軽減するため当該費用の一部を助成する事業です。
コロナウィルスによる移動や渡航の自粛の中、事業継続を主とした政策とは別に、
コロナ収束後を見据えた取り組みを希望する事業者を募ります。

本事業は新しい商材や地域での横断的な取り組みを促進するため、
事業プランを客観視できる専門家の派遣および助言・指導や、調査および
テストプロモーションを行うことにより、商材・サービスの高付加価値化を実現し、
地域や産業・事業者の競争力を高める地域経済の活性化、及び外国人のニーズの
「見える化(ガイドライン作成等)」による今後の需要拡大に資することを目的とします。

補助率と補助金額の範囲

活動にかかる経費のうち、

①外部人材にかかる謝金及び旅費
②インバウンドを活用した消費喚起事業に
かかる経費

の一部を支援します。

補助率 補助対象経費の2/3以内 補助金の支払いは、原則事業終了後の精算払いとなります。 補助申請額 上限2,000万円(自己負担額1,000万円)下限500万円(自己負担額250万円) 採択件数 10件程度

※最終的な実施内容、交付決定額については、
事務局及び経済産業省と調整した上で決定することとします。
調整の結果、補助申請額を減額することを条件として
採択となる場合もございますのでご了承ください。

申請形態について

以下、2つの型のいずれかの申請となります。
なお、いずれの型も代表法人による申請が必須です。

1.コンソーシアム型

地域の中小企業等をまとめることができる
地域商社や商工団体、DMO/DMC 等が代表となり、
6社以上の中小企業等とコンソーシアム形式で
申請する形態

代表A社 地域商社・商工団体・DMO/DMC 等 ものづくり、食、サービス、観光 等 B社 C社 D社 E社 F社

※6社以上の中小企業が含まれていれば、
代表企業は大企業でも申請可能です。

日本人プロデューサー(任意) 外国人専門家(必須)

※日本人プロデューサー ・・・ その他専門家

2.組合型

中小企業が6社以上加盟している組合等の団体による
一括での申請形態

産地組合等 A社 B社 C社 D社 E社 F社 ものづくり、食、サービス、観光 等

※6社以上の中小企業が含まれていれば、
代表企業は大企業でも申請可能です。

日本人プロデューサー(任意) 外国人専門家(必須)

※日本人プロデューサー ・・・ その他専門家

経費区分
補助対象
経費

区分
内容 補助率
旅費 外部人材にかかる旅費 2/3以内
謝金 外部人材にかかる謝金
経費 インバウンドを活用した消費喚起事業にかかる経費

(事業者旅費、借料、展示会等出展費、会議費、印刷製本費、翻訳費、通訳費、広報費、通信運搬費、消耗品費、調査費、保険料、雑役務費、外注費・委託費、その他事業を行うために必要な経費等)

※詳細は公募要領をご覧ください。

TOTTEOKI PROJECT
採択されるメリット
1

費用の補助を受けることができます

活動にかかる経費のうち
「①外部人材にかかる謝金及び旅費」と
「②インバウンドを活用した消費喚起事業に
かかる経費」を対象とし、
当該費用の3分の2以内とします。

2

外国人専門家およびその他専門家からの


アドバイスを受けることができます

「外国人専門家」および


「その他専門家」からのアドバイスを


受けることができます

プロジェクトを推進するにあたり、
それぞれの専門家より必要なアドバイスを
受けることができます。
事業者様で想定する専門家が見つからない場合は、
お話をさせて頂いた上で、
事務局より適切な専門家をご紹介することも可能です。

※プロジェクトに合う専門家を
ご紹介出来ない場合もございます。
※その他専門家には、日本人専門家も含みます。

3

ネットワークづくりができます

採択プロジェクトを
一堂に集めたミーティングの実施や、
外部専門家などの国内外の関係者との交流など、
ネットワークづくりを支援します。

4

プランニングをじっくり磨き上げ


未来に向けた準備が出来ます

外国人目線でのアドバイスを元に
現状とのギャップを埋めていき、
インバウンド需要の磨き上げを行い、
将来に向けたインバウンド需要拡大の
準備を行っていきます。

5

採択プロジェクト同士の


化学反応を起こします

他の採択されたプロジェクトの情報やノウハウを
積極的に共有していき、
プロジェクトのブラッシュアップをさせ
磨き上げを図っていきます。

申請方法について

本事業の申請書の提出方法は、2種類あります。

①Jグランツ(補助金申請システム)による申請

令和2年6月17日(水)12:00をもって
公募の受付を終了いたしました。

②メールによる申請

令和2年6月17日(水)12:00をもって
公募の受付を終了いたしました。

審査

1次審査を通過した事業者には
オンラインでのヒアリングを実施させて頂きます。
ヒアリング後、第三者委員会による最終審査会を開催し、
採択事業者を決定します。

資料ダウンロード

下記より募集要領、交付規程が
ダウンロードできます。

※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況により、
今後事業の
実施内容やスケジュールに変更が
生じる場合がございます。予めご了承ください。